入試のポイント

入試は早い時期が断然有利です!

彰栄リハビリテーション専門学校で実施する入試のポイントについて紹介します。それぞれの入試のポイントを確認のうえ、ぜひチャレンジしてみてください♪
また、彰栄リハビリテーション専門学校は、それぞれの入試で合格者数を決めていませんので、入学できる定員枠が多く残っている早い時期の入試が、断然倍率が低く合格するには有利です!

社会人入試のポイント
(大学・短大卒業見込者も可能)

<試験科目及び方法>
書類審査、面談のみ(30分程度)

社会人入試のポイント

【面談①】

面接官1名による1対1で、15分程度の時間で行います。内容は、「作業療法士になろうと思った理由」「本校を希望した理由」が中心となりますので、きちんと話ができるようにしてください。

【面談②】

面接官3名による3対1で、15分程度の時間で行います。内容は、「社会人入試出願シート」に記入した事項が中心となりますので、自分の意見として話ができるようにしてください。

>>社会人入試

AO入試のポイント
(社会人・大学・短大卒業見込者も可能)

<試験科目及び方法>
面談のみ(30分程度)

AO入試のポイント

【面談①】

面接官1名による1対1で、15分程度の時間で行います。内容は、「作業療法士になろうと思った理由」「本校を希望した理由」が中心となりますので、きちんと話ができるようにしてください。

【面談②】

面接官3名による3対1で、15分程度の時間で行います。内容は、「AO入試エントリーシート」に記入した事項が中心となりますので、自分の意見として話ができるようにしてください。

>>AO入試

推薦入試のポイント
(社会人・大学・短大卒業見込者も可能)

<試験科目及び方法>
書類審査、小論文、個人及びグループ面接

推薦入試のポイント

【小論文】

文字数800字で、60分の時間で行います。2行程度の課題があり、その下に800字のマスがありますので、横書きで記入となります。難しい課題にはしておりませんので、最近話題のニュース等を題材として、書く練習をしておいてください。

【個人面接】

面接官1名による1対1で、10分程度の時間で行います。内容は、「作業療法士になろうと思った理由」「本校を希望した理由」が中心となりますので、きちんと話ができるようにしてください。

【グループ面接】

面接官2名と受験生4名による2対4で、20分程度の時間で行います。内容は、「人とのコミュニケーションがうまく取れるか」で、ちょっとした質問に対して受験生通しで話をしてもらいます。そのやりとりを通して、人とのコミュニケーション能力の有無が審査されます。

>>推薦入試

一般入試のポイント

<試験科目及び方法>
書類審査、国語、個人及びグループ面接

一般入試のポイント

【国語】

40分の時間で行います。国語については、基本的な問題であり現代文のみです。参考書などを利用して、勉強しておいてください。

【個人面接】

面接官1名による1対1で、10分程度の時間で行います。内容は、「作業療法士になろうと思った理由」「本校を希望した理由」が中心となりますので、きちんと話ができるようにしてください。

【グループ面接】

面接官2名と受験生4名による2対4で、20分程度の時間で行います。内容は、「人とのコミュニケーションがうまく取れるか」で、ちょっとした質問に対して受験生通しで話をしてもらいます。そのやりとりを通して、人とのコミュニケーション能力の有無が審査されます。

>>一般入試

直近のオープンキャンパススケジュール

 
TOPへ