作業療法士国家試験対策スケジュール

 
作業療法士国家試験対策スケジュール
昼間部3年生・夜間部4年生で作業療法士国家試験対策授業を万全の体制で行っていきます
 

作業療法士国家試験合格率
(2017年3月卒業生実績)

作業療法士国家試験合格率

【4月~6月】

4月~6月

週1回実施される作業療法士国家試験対策授業の中で、過去10年間の問題をすべて分析していきます。各問題の解答が、「なぜその答えなのか」「他はなぜ間違いなのか」を徹底的に理解していきます。
問題の内容を正しく理解できていなければ、類似の問題が出題された時に対応できなくなります。

矢印

【7月~10月】

7月~10月

臨床実習Ⅱ(18週間)の実施期間となります。
この4か月間は、臨床実習に集中です。

矢印

【11月】

11月

4名程度のグループ単位で、授業を行っていきます。
共通専門基礎(解剖学・生理学・運動学・精神医学など)を徹底的に分析していきます。
また、模擬試験を行い自分の弱点を分析するとともに、前年度国家試験に合格した卒業生の講話も行い、合格する意識を高めていきます。

矢印

【12月】

12月

専門分野(精神・発達・身体・老年期障害)を徹底的に分析していきます。
また、専門分野の特別講義を行うとともに、模擬試験を複数回行って弱点部分の克服状況を分析し、今後の勉強の進め方等の対応について、担当教員から指導が行われます。

矢印

【1月】

1月

共通専門基礎の特別講義を行いながら、共通専門基礎と専門分野の最終分析をしていきます。
また、模擬試験を複数回行い、設定された合格点に達していない学生には、合格点が取れるまで補習テストを毎日行っていきます。
下旬には、後期試験も実施されます。

矢印

【2月】

2月

最終到達状況を確認するための模擬試験を行うとともに、補習テストを毎日実施していきます。
作業療法士国家試験受験に向け体調管理も徹底し、中旬には卒業資格者が発表され、毎年最終日曜日に実施される作業療法士国家試験を受験します。
合格発表は、毎年3月下旬です。

直近のオープンキャンパススケジュール

 
TOPへ