社会人入学者インタビュー嶋田実季さん

社会人入学者インタビュー嶋田実季さん

社会人経験が活かせる、
専門実践教育訓練給付金があることを知り、
「作業療法士として働きたいという、
気持ちが一層強くなりました!

社会人からなぜリハビリのプロ作業療法士になろうと?

 私は人と係わることの多い接客の仕事が好きで、学生時代から接客のアルバイトをしてきました。大学卒業後も、洋服の店舗販売員として働いていました。販売員の仕事はとても楽しかったのですが、役職が上がるにつれて体力的や精神的にきついことも多く不規則な生活が続いたため、このまま生涯の仕事と考えるのは無理があるなと感じていました。そんな時に、足の不自由なお客様が介助犬を連れて来店されました。靴をお探しだということだったので私は一生懸命接客しましたが、試着される時などうまく誘導することができず戸惑わせてしまいました。帰り際に、申し訳ない気持ちをお客様に伝えると「こちらこそごめんなさい」と逆に謝られてしまいました。私は今までいろんな方を接客してきましたが、こんなに難しいと感じたのは初めてでした。私がもっとうまく立ち回れていたら、どのような体勢が辛いのかわかってあげられていたら、そんな思いが消えないままずっと忘れられずにいました。
 自分がこれから生涯を通してどんな仕事がしたいかと考えた時に、身体の不自由な方に寄り添ってリハビリをする作業療法士という仕事があることを知りました。この作業療法士の仕事こそ自分に合っていると思えたとともに、これまで働いた経験を活かして学ぶことができる専門実践教育訓練給付金制度があることも知り、作業療法士として将来働きたいという気持ちが一層強くなりました。作業療法士になるためには、難しい勉強や臨床実習を乗り越えなければいけませんが、それ以上にやりがいがある仕事だと思っています。転職という大きな決断ですが後悔しないためにも、しっかり勉強して信頼される作業療法士になりたいと思っています。

リハビリのプロ作業療法士の専門学校入学を検討中の社会人の方へ

リハビリのプロ作業療法士の専門学校入学を検討中の社会人の方へ

 今このページをご覧になっているみなさんは、転職を考えている社会人の方ですよね!現在の仕事から転職することは、かなりの勇気と決断が必要ですよね。私自身も、転職することを本当に悩みました。でも、転職を決めたきっかけは「一歩踏み出す決断力」でした。転職についていろいろ調べている中で、転職するのに一番大事なことは「一歩踏み出す決断力」という内容がありました。それまでの私は、転職についていろいろ考えてはいましたが、前向きではなくどちらかというと後向きだったような気がします。でも、「一歩踏み出す決断力」と聞いたときに、一気に気持ちが吹っ切れたような感じでした。転職について安易に決めることは、確かに良くないことだと思います。しかし、自分の将来に向かって、しっかり考え決断することが大事だということを教わったような気がしてます。みなさんも、転職についていろいろ考えるとは思いますが、一歩前に進まなければ今のままです。何も変わりませんし、最悪の場合は後退していくことになります。みなさんも勇気を持って、一歩踏み出す決断をしていただきたいと思います。今こそ、一歩踏み出す決断をする最大のチャンスではないでしょうか!
 また、「転職するのに作業療法士は本当に大丈夫なのか?」「安心・信頼できる学校はどこなのか?」と思われている社会人の方は、ぜひ彰栄リハビリテーション専門学校のオープンキャンパスに参加してみてください!私自身、彰栄リハビリテーション専門学校のオープンキャンパスに参加して、この学校なら社会人からの入学でも大丈夫だと強く思ったので!
 さらに、彰栄リハビリテーション専門学校には他校にはない「144万円給付される社会人入学の特典」があります。この特典は最大の魅力ですので、ぜひ下のバナーをクリックして内容を確認してください!社会人でも安心して転職できるリハビリ専門職である作業療法士になる夢に向かって、同じ社会人入学者として一緒に彰栄リハビリテーション専門学校で頑張っていきましょう!

>>昼間部在学生の1日
>>夜間部在学生の1日

直近のオープンキャンパススケジュール

 
TOPへ