社会人入学者インタビュー林幸生さん

社会人入学者インタビュー林幸生さん

転職を考える際に一番大事なこ
とは「決断力」この決断が間違
いではなかったことを証明する
ため必死に勉強をしています!

社会人からなぜリハビリのプロ作業療法士になろうと?

 私は高校を卒業後、社会人として仕事をしていました。しかし、その仕事を一生やっていくことに不安を感じるようになり、介護の仕事をしていた両親に相談をしました。その両親から勧められた仕事が、将来性がありこれから更に社会で求められるリハビリ国家資格の作業療法士でした。私はリハビリ国家資格の作業療法士という仕事をよく知らなかったので、それから詳しく調べました。リハビリ国家資格の作業療法士の仕事内容は、織物・木工・書道等の作業を通じてリハビリを行うということを知り、段々と興味を持つようになりました。私は、もともと人の役に立つ仕事をしたいという気持ちがあったため、このリハビリ国家資格の作業療法士の仕事なら患者さんが元の生活に戻れるための手伝いができるとともに人の役に立てると思い、とても魅力とやりがいを感じました。
 今までやっていた仕事は、人の役に立つ仕事ではなかったし、将来性もないと感じるようになっていたので、今が決断の時期だと思って、この魅力とやりがいがあるリハビリ国家資格の作業療法士を目指すことにしました。現在は、リハビリ国家資格の作業療法士になるために彰栄リハビリテーション専門学校で勉強していますが、転職してリハビリ国家資格の作業療法士を目指そうと思ったことに、まったく後悔はありません。私が今回のことで強く感じたことは、転職を考える際に一番大事なことは、決断力だということでした。自分自身でも、本当にいい決断ができたと思っていますし、一歩前進できたことがとても嬉しいです。この決断が間違いではなかったことを証明するために、必死に勉強して国家試験合格を勝ちとり、立派な作業療法士になりたいと思います。

リハビリのプロ作業療法士の専門学校入学を検討中の社会人の方へ

リハビリのプロ作業療法士の専門学校入学を検討中の社会人の方へ

 社会人になると、現在の仕事から転職しようとすることは、かなりの勇気と決断が必要ですよね。僕自身も、転職することを本当に悩みました。でも、長い人生を考えた時にやはり今が決断の時期かなと思い、リハビリテーション専門職である作業療法士になることを決めました!今は、勉強をしている段階ですが、社会人でも必ず就職ができる作業療法士を選択したことに後悔はしていません。
 彰栄リハビリテーション専門学校は、「社会人・大学卒・短大卒の方が入学する理由」で説明してあるように、転職を考えている社会人の方が安心して入学でき勉強しやすい環境であることなど、とても社会人に配慮している学校だと思います。社会人の入学者がなんと8割で、他校では考えられないほどの多さです。社会人の入学者が多いことからいろんな話も聞けるので、僕自身も社会人として成長しているような気がしています!
 「転職するのに作業療法士は本当に大丈夫なのか?」「安心・信頼できる学校はどこなのか?」と思われている社会人の方は、ぜひ彰栄リハビリテーション専門学校のオープンキャンパスに参加してみてください!僕自身、彰栄リハビリテーション専門学校のオープンキャンパスに参加して、この学校なら社会人からの入学は大丈夫だと強く思ったので!
 また、彰栄リハビリテーション専門学校には他校にはない「176万円給付される社会人入学の特典」があります。この特典は最大の魅力ですので、ぜひ下のバナーをクリックして内容を確認してください!
 社会人でも安心して転職できるリハビリテーション専門職である作業療法士になる夢に向かって、同じ社会人入学者として一緒に彰栄リハビリテーション専門学校で頑張っていきましょう!

>>昼間部在学生の1日
>>夜間部在学生の1日

直近のオープンキャンパススケジュール

 
TOPへ