大学卒入学者インタビュー 大友春菜さん

大学卒入学者 大友春菜さん

大学時代に学んだ知識と経験を
活かすことができるリハビリの
プロ作業療法士こそ私がやりた
いと思っていた仕事でした!

大学卒からなぜリハビリのプロ作業療法士になろうと?

 身体を動かすことが好きだった私は体育系の大学へ進学し、在学中は部活動に励むと同時に福祉分野の授業を学びました。卒業後は、大学時代に学んだ知識と経験が活かせる有料老人ホームへ就職して、介護業務と施設に併設されたスポーツジムで入居者の方を対象にトレーニングを行うトレーナーとして働いていました。就職して1年を過ぎた頃、施設で新たにデイサービスを立ち上げたことに伴い、私は介護予防を目的とした運動プログラム作成の業務も行うことになりました。その内容は、大学時代に学んだ知識と経験を更に活かすことができるとてもやりがいのある仕事でした。
 ところが、この運動プログラムを実際に行うには、機能訓練指導員の監修が必要でした。この機能訓練指導員とは、特定の国家資格を取得している方で、私はこの時に初めて作業療法士という職種を知りました。更に仕事を通して、長期的に体調を崩してしまい体力が落ちてしまった方から、住み慣れた家で自分の力で生活したいという思いを聞く機会がありました。この思いを聞くうちに、日々の生活で行う着脱や食事等を今までどおり自分でできるような機能回復のサポートをしたいという気持ちが強くなっていったとともに、私のやりたい仕事は作業療法士だと思うようになりました。
 リハビリのプロ作業療法士は、今まで大学時代に学んだ知識や施設で学んできた介護及び運動業務の経験が、必ず活かせると思っています。そのために、作業療法士国家資格取得に向けて、しっかり勉強に励みたいと思います。

リハビリのプロ作業療法士の専門学校入学を検討中の大学卒の方へ

リハビリのプロ作業療法士の専門学校入学を検討中の大学卒の方へ

 大学卒の就職状況はまだまだ厳しく、本当に大変ですよね。私もそうでしたが、大学を卒業してから国家資格取得のために専門学校へ再度進学することは、またお金もかかるしとても勇気と決断が必要だと思います。でも、今はリハビリのプロ作業療法士を選んで良かったと思っています♪大学卒の方が一番気になる就職状況も、リハビリのプロ作業療法士はまだまだ人手不足で求人件数も非常に多いので、安心して国家試験合格に向けて勉強できますから!
 私は作業療法士の専門学校を選ぶのに、「高校新卒者が多いのはちょっとなぁ」という思いがあり、大学卒の入学者が多い学校を調べた結果、彰栄リハビリテーション専門学校に入学しました。大学卒が多いという説明は聞いていましたが、実際入学して本当に多くて安心したし大学で学んだ知識や経験が授業でも活かせるので、毎日有意義に過ごしています♪
 また、「Shoeiが選ばれる6つの理由」の説明をオープンキャンパスで聞いたときに、すごく大学卒にはいい環境だなと好感を持ったことも、彰栄リハビリテーション専門学校に入学を決めた理由です。
 さらに、彰栄リハビリテーション専門学校には他校にはない「144万円給付される社会人入学の特典」があります。この特典は最大の魅力ですので、ぜひ下のバナーをクリックして内容を確認してみてください!
 リハビリのプロ作業療法士は、大学で学んだ知識や経験が活かせる仕事だと思うので、彰栄リハビリテーション専門学校で一緒にリハビリのプロ作業療法士を目指しましょう♪

>>昼間部在学生の1日
>>夜間部在学生の1日

直近のオープンキャンパススケジュール

 
TOPへ