文系卒入学者インタビュー佐藤瞳さん

文系卒入学者インタビュー佐藤瞳さん

困っている方々の役に立つことができる
作業療法士の仕事は文系・理系を問わず
目指せると聞いて、チャレンジしてみようと
思いました!

文系大学卒からなぜリハビリのプロ作業療法士になろうと?

 私は体育系の大学で主に教職について勉強をしてきたので、体育教師になることを目指していました。しかし、大学の授業で介護体験や特別支援学校での実習、障害者スポーツ施設でスタッフとして沢山の方と係わっていくうちに、段々と考えが変わっていきました。特に、障害者スポーツ施設でリハビリのための運動やいろんなスポーツを利用者の方と一緒に行う中で、以前より動作がスムーズになっていく利用者の方の様子を近くで見てきて、「私もリハビリや治療に直接携わりたい」と思うようになりました。それから、リハビリの仕事について、いろいろと調べるようになりました。その中でも、幅広い年齢層の方へのリハビリや、身体面だけではなく相手の心に寄り添って精神面のリハビリも行う作業療法士にとても魅力を感じ、進路を変更して作業療法士を目指そうと決断しました。

 体育系の大学だったため、身体について学ぶことはありましたが、深く医療分野について学ぶことはなかったため、正直文系出身の私にとって勉強の面でとても不安がありました。しかし、彰栄リハビリテーション専門学校のオープンキャンパスやWEBでの説明の中で、作業療法士は文系・理系を問わない資格と仕事であるため、文系出身で不安のあった私でも問題なく目指すことができるということを知り、ぜひ挑戦してみようと思いました。身体面や精神面で困っている方々の役に立つことができる作業療法士になれるように、日々同じ目標を持った仲間と意識を高め合いながら、国家資格取得に向けて勉強をしっかりやっていきたいと思います。

リハビリのプロ作業療法士の専門学校入学を検討中の文系大学卒の方へ

リハビリのプロ作業療法士の専門学校入学を検討中の文系大学卒の方へ

 今ご覧になっているみなさんは、文系出身の方だと思います。文系から理系であるリハビリ分野の勉強をやっていけるのかと思われていますよね?実際に私は勉強していますが、確かに難しいです。授業を聞いているだけではよく分からないので、しっかり復習をしています。その反面、文系だったことが活かされている部分もあります。「文系・理系を問わない医療系の資格と仕事」で説明してあるように、文章を書くことも非常に多くその辺は得意分野なので助かっています。
 また、理系の象徴とも言える身体の仕組みの勉強は覚えることが多くて大変ですが、興味を持って勉強すれば段々と面白くなっていきます。私も最近は、授業が楽しくなってきました。ですから、みなさんも絶対大丈夫なので、ぜひ作業療法士を目指しませんか♪文系の就職は、まだまだ大変だと思いますが、作業療法士は人手不足で必ず就職できるのも安心ですからね!私が入学したから言いますけど、彰栄リハビリテーション専門学校は「176万円給付される社会人入学の特典」「社会人・大学卒・短大卒の方が入学する理由」で説明してあるように、文系出身者を含め社会人の方が入学するのにメリットが多い学校ですので、ぜひ入学してください♪

>>昼間部在学生の1日
>>夜間部在学生の1日

直近のオープンキャンパススケジュール

 
TOPへ