作業療法士になるには

リハビリのプロ作業療法士になるには

リハビリのプロ作業療法士になるには

作業療法士になるには、作業療法士国家試験に合格しなければなりません。
その作業療法士国家試験を受験するには、作業療法士のリハビリ専門学校を卒業する必要があります。高校卒業後、作業療法士のリハビリ専門学校で3年以上在学し、一般教養が中心の基礎分野の授業科目、身体の仕組みが中心の専門基礎分野の授業科目及び作業療法士の知識や技術が中心の専門分野の授業科目を習得していきます。
なお、作業療法士になるには、作業療法士のリハビリ専門学校の学内授業以外に、作業療法士が働いているリハビリ病院や福祉施設において、実際にリハビリ現場の作業療法士に指導してもらう臨床実習を18週間以上実施することも必要となります。
このように、作業療法士になるには、多くの知識や技術を勉強しなければいけません。

また、作業療法士国家試験は、毎年1回2月の最終日曜日に実施されています。作業療法士になるには、作業療法士専門学校を卒業後、その作業療法士国家試験に合格すれば、作業療法士になれます!

>>作業療法士の仕事内容
>>将来性があるリハビリ国家資格の作業療法士
>>作業療法士とは

Shoeiの魅力をピックアップ

作業療法士になるには
【高校生の場合】

高校生の方が作業療法士になるには、次のような流れになります。

作業療法士になるには【高校生の場合】
  • 高等学校を卒業
  • 作業療法士のリハビリ専門学校に入学
  • 作業療法士のリハビリ専門学校を卒業
  • 作業療法士国家試験合格
  • 作業療法士

作業療法士になるには
【大学生・短大生の場合】

大学生・短大生の方が作業療法士になるには、次のような流れになります。

作業療法士になるには【大学生・短大生の場合】
  • 大学・短大を卒業
  • 作業療法士のリハビリ専門学校に入学
  • 作業療法士のリハビリ専門学校を卒業
  • 作業療法士国家試験合格
  • 作業療法士

作業療法士になるには
【社会人の場合】

社会人の方が作業療法士になるには、次のような流れになります。

作業療法士になるには【社会人の場合】
  • 現在の仕事を継続・退職
  • 作業療法士のリハビリ専門学校に入学
  • 作業療法士のリハビリ専門学校を卒業
  • 作業療法士国家試験合格
  • 作業療法士

作業療法士になるには、このような流れになります。

皆さんに必要なことは1歩踏み出す決断力!
1歩踏み出す決断力!

Shoeiの魅力をピックアップ

直近のオープンキャンパススケジュール

 
TOPへ