リハビリ作業療法士の仕事

浅田淳子さんのプロフィール

浅田淳子さんのプロフィール

作業療法学科昼間部/2008年3月卒業/「筋力トレーニングや関節可動域訓練も大事ですが、トイレや着替えなど、生活のリズムやサイクルに添った形で回復を促進するリハビリを心がけています」と浅田さん。「自分らしい生活を取り戻してもらう」ことをモットーとしている彼女らしい実践的な考え方だ。「作業療法には遊びの要素がたくさん取り入れられています。遊び心のある人には結構向いている仕事ですよ」。辛いよりは楽しい方が、リハビリも順調に進むだろう。浅田さんはそのことを誰よりも良く心得ている。

患者さまに一日でも早く、自分らしい生活を取り戻してもらいたい!

リハビリ作業療法士の仕事の魅力、やりがい

リハビリ作業療法士の仕事については、回復期にある患者様のリハビリ指導を行っています。貼り絵や革細工などの手工芸を中心とした手作業の他、関節可動域訓練、筋力トレーニングといった体を動かすものなど、リハビリ作業療法士の仕事のメニューは様々です。単に動作を回復してもらうというのではなく、「自分らしい生活を取り戻してもらう」ことがポイント。そのため、病気や症状だけでなく、過去の職歴、生活歴、好き嫌いなど患者様の全てをしっかりと把握する心構えが大切になってきます。回復した後、どんな生活をされたいと思っているのか。そのことを常に考えながら、リハビリプログラムを作成し取り組む日々です。患者様に寄り添い、気持ちを受け入れながら、これからもリハビリ作業療法士の仕事をがんばっていきたいと思います。

リハビリ作業療法士の仕事との出会い、きっかけ

今の仕事との出会い、きっかけ

リハビリ作業療法士の仕事との出会いですが、高校卒業当初は専門学校で介護福祉士を目指して勉強していました。そこでの介護実習で介護老人保健施設や身体障害者養護施設を訪れたとき、考えが変わったんです。「私も直接、患者様のリハビリや訓練に携わってみたい」と思うようになりました。早速、専門学校の先生に相談したところ、紹介してくれた先が彰栄リハビリテーション専門学校で、すぐにオープンキャンパスに参加。当時はまだ新設のリハビリ専門学校で、私は第二期生。校舎も設備もピカピカでとても新鮮でしたね。おかげさまで今では夢がかない、リハビリ作業療法士として充実した毎日を過ごしています。一人でも多くの患者様に笑顔を取り戻してもらえるよう、今まで以上にリハビリ技術を磨いてリハビリ作業療法士の仕事をがんばっていきたいと思っています。

私の彰栄リハビリテーション専門学校時代

私の学生時代

彰栄リハビリテーション専門学校は臨床実習がとても充実していました。1年次に臨床見学(1週間)、2年次に臨床実習Ⅰ(=患者様の病状把握。3週間)、3年次には臨床実習Ⅱ(8週間×2回)が用意されています。思い出深いのは臨床実習Ⅱです。意識障害をお持ちで麻痺も重度の患者様を担当させてもらいました。声も出せない方だったので中々コミュニケーションがとれませんでしたが、実習も後半に入ってきた頃、目を開けて自分を待っていてくれたり、うなづきや瞬きで自分の意思を返してくれるようになったんです。あの時は本当に嬉しかったですね。リハビリ専門学校ではリハビリや評価の技術だけでなく、リハビリ作業療法士の仕事のやりがいについても学ばせてもらったように思います。

青柳奈都絵さんのプロフィール

青柳奈都絵さんのプロフィール

作業療法学科夜間部/2009年3月卒業/大学在学中に祖父が倒れたことがきっかけで、一大決心をして作業療法士へ進路変更。大学卒業後に彰栄に入学し、日中は病院でリハビリの仕事、夜はリハビリ専門学校という4年間を送る。現職場では回復期の病棟を担当し、骨折から記憶障害などの様々な症状の患者様を担当。2010年に理学療法士の旦那様と結婚。「家庭を持ったり年齢を重ねる中で学ぶこと、知ることも多い。人生経験は人間としても作業療法士としてもプラスになります」。患者様からは「青柳さんに担当していただき、順調に回復しています」との声も多く上がるほど信頼も厚い。

「早く退院したい」を「リハビリ、頑張ります」に、患者さまの気持ちを導くのも大切な仕事

リハビリ作業療法士の仕事の魅力、やりがい

リハビリ作業療法士の仕事で大切なのは、退院後の生活に合わせたリハビリ。でも、戻ることを急ぎ過ぎてもいけません。先日も「早く退院したい」と望む患者様に、現在の症状への理解と、退院後の生活を具体的にイメージしてもらうように働きかけました。そうするうち「やっぱり、まだ1人での生活は不安。しっかり治して退院できるように頑張ります」と考えを変えていただけたときは一安心でしたね。今は「お友達と出かけること」を目標に一緒に頑張っています。気持ちの面もサポートしながら関わり、回復して今までの生活に戻られる姿は本当に嬉しいもの。退院後に「おかげで元気になりました」と報告に来ていただく方もいて、リハビリ作業療法士の仕事の何よりのやりがいになっています。

リハビリ作業療法士の仕事との出会い、きっかけ

今の仕事との出会い、きっかけ

リハビリ作業療法士の仕事との出会いは、突然のことでした。大学に通っていたとき、祖父が重度の病気で倒れてしまったんです。病院にお見舞いに通う中で、リハビリ作業療法士の仕事を知りました。身体機能を回復させることも大切ですが、例えば祖父の場合、ヒゲをそる、箸を持つといった生活の中の動作が不自由でした。そんな祖父の役に立ちたいと、リハビリ作業療法士の仕事を強く意識するように。大学では法律を学んでいて、ゆくゆくはその道で…と思っていたのですが、進路を変更して大学卒業後に彰栄リハビリテーション専門学校に入学。今は、職場で多くの方に必要とされ、やりがいある毎日です。もしかしたら、祖父がリハビリ作業療法士の仕事と出会わせてくれたのかもしれません。

私の彰栄リハビリテーション専門学校時代

私の学生時代

昼は病院で働き、夜はリハビリ専門学校の授業という4年間。辛くないと言ったら嘘になります。でも、Shoeiの先生方の熱心さや、同じような条件で働きながら学ぶクラスメイトの姿勢にとても支えられました。病院などでの臨床実習はもちろん充実したものだったのですが、印象的なのは授業の中で多くディスカッションの機会があったこと。“こんな症状を持った患者様がいる、どうするか?”などというテーマに対し、1人ひとりが治療計画や方針を発言していくのですが、これには鍛えられました。その際に、先生の臨床経験を聞かせていただいたことも、リハビリ作業療法士の仕事の参考になっていますね。お世話になった先生と話したいので、今でも時々リハビリ専門学校に足を運んでいます。

阿部美紗子さんのプロフィール

阿部美紗子さんのプロフィール

作業療法学科昼間部/2007年3月卒業/高校を卒業後、一般企業で事務職として勤務する中で、「私にしかできない仕事をしたい」という気持ちを持つようになり、将来を模索していた阿部さん。19歳のときに交通事故に遭ったことで、リハビリをサポートする作業療法士に興味を持ち、23歳で彰栄リハビリテーション専門学校へ入学。在学中に介護施設での臨床実習を経験し、「急性期リハビリテーションではなく、高齢になりその人の持つ能力が失われていく中で、何をリハビリテーションしていくのか考えたい」と、現在の施設へ入職。通所リハビリ担当を経て、入職4年目より特別養護老人ホームの担当に。

体の機能回復はもちろん、リハビリを通して利用者さまの心までも元気にしたい!

リハビリ作業療法士の仕事の魅力、やりがい

リハビリ作業療法士の仕事についてですが、特別養護老人ホームに長期入所している利用者さまの、集団体操や個別機能訓練及び作業を用いた作業療法を中心に行っています。また、臨床心理士の学生ボランティアとともに、お年寄りの方が昔を思い出して心を安定させる「回想療法」などにも取り組んでいます。リハビリ作業療法士の仕事の中心は、利用者であるお年寄りの方が、少しでも長く今の身体能力を保てるように支援する個別機能訓練。私の働くこの施設は、「すべては利用者のために」という理念の元、できる限り利用者さまの「やりたい」という気持ちを尊重し、1日でも長く生き生きと生活して頂けるような支援をリハビリ作業療法士の仕事として心がけています。リハビリをすることで、「私でもできる」という役割を持って毎日を過ごして頂きたいんです。

>>作業療法士の仕事内容
>>将来性があるリハビリ国家資格の作業療法士
>>作業療法士とは

リハビリ作業療法士の仕事との出会い、きっかけ

リハビリのプロ作業療法士との出会い、きっかけ

社会人時代に交通事故に遭い、数か月の入院を経験しました。そこでリハビリを受けたことが、リハビリ作業療法士の仕事を知ったきっかけ。入院当初は、リハビリをやっても痛いだけでリハビリを拒否した時期もありました。しかし、リハビリを行う作業療法士の先生によって痛みの度合いが異なることに気づき、「なぜ同じリハビリを行う作業療法士なのに、先生によって違うんだろう?」と不思議でした。そこで、リハビリ作業療法士の仕事の奥深さに興味を持ったのです。作業療法士が声をかけるタイミングや力の入れ方ひとつで、体に対する負担は異なります。今もリハビリ作業療法士の仕事を行うときには、利用者さまの気持ちになれるよう心がけています。

>>作業療法士になるには
>>理学療法士と作業療法士の違い
>>リハビリテーションとは

私の彰栄リハビリテーション専門学校時代

私の学生時代

社会人経験後の入学でしたが、クラスメイトは高校新卒から私より年上の社会人の方と幅広く、お互い刺激し合いながら学ぶことができました。学生生活で最も印象深かったのは臨床実習。つらいこともありましたが、友達と経験を語りながら、「私も頑張ろう!」とモチベーションも上がりました。臨床実習では、精神科の病院及び介護施設など、リハビリ作業療法士の仕事で求められる3つの現場を経験。それが今も大きな財産になっています。リハビリ作業療法士の仕事は幅が広く、働く場所によりどんなリハビリを中心にするかが変わります。多様な施設での臨床実習を経験できたことは、就職先を選ぶ上での確かな判断基準になりました。

直近のオープンキャンパススケジュール

 
TOPへ