リハビリ医療専門職の資格と仕事

リハビリ医療専門職に必要な国家資格

リハビリ医療専門職に必要な国家資格

リハビリ医療専門職を目指すには、必要なリハビリ国家資格として理学療法士と作業療法士があり、理学療法士はフィジカルセラピスト(PT)、作業療法士はオキュペーショナルセラピスト(OT)と、それぞれ呼ばれています。このように、リハビリ医療専門職が2つに分かれているため、理学療法士か作業療法士のどちらかを選択してリハビリ国家資格を取得することになります。
また、リハビリの仕事は、医師や看護師など専門職とのチームを組む、いわゆるチーム医療にて治療を行っていきます。

>>理学療法士と作業療法士の違い
>>作業療法士とは
>>176万円給付される社会人入学の特典

Shoeiの魅力をピックアップ

リハビリ医療専門職の仕事内容

リハビリ医療専門職の仕事内容

リハビリ国家資格である理学療法士の仕事内容は、リハビリの現場において、身体に障害を持つ人々の機能回復、例えば立つ、歩く、曲げる及び伸ばすといった、人間の基本的な動作の回復を手助けすることです。最新の理論と医療技術指導で、障害の回復や身体機能低下の予防を図り、日常生活で自立できるよう援助していきます。リハビリ医療専門職の理学療法士は、治療後の障害を最小限に食い止め、残存機能を最大限に回復していくために指導する役割も担います。

リハビリ国家資格である作業療法士の仕事内容は、リハビリの現場において、心身に障害を持つ人々が、日常生活や社会生活を再建できるように心身機能の回復を促し、身の回りのことを主体的に対処できるようにサポートしていくことです。具体的に、作業療法士は医師の指示を受け、患者さんの身体的活動・精神的活動・社会的活動・創作活動を通じ、社会復帰に向け訓練や医療技術指導を重ねていきます。リハビリ医療専門職の作業療法士が行う仕事内容は様々な作業療法により、患者さんの機能を回復させていきます。その機能は、身体機能の向上・高次脳機能の向上・生活技能の向上・社会技能の向上の4つに分類されます。

>>作業療法士の仕事内容
>>作業療法士になるには

リハビリ医療専門職が活躍している現場

領域 種別
身体障害 大学病院、リハビリテーションセンター
身体障害者更生・療護施設、身体障害者福祉センター
保健所、保健センター、職業センター
老年期障害 療養型医療施設、老人保健施設、在宅介護支援センター
特別養護老人ホーム、老人デイサービスセンター
訪問看護ステーション、訪問リハビリテーション
発達障害 小児病院
重症心身障害児施設等の児童福祉施設
養護学校、幼稚園、保健所
精神障害 精神科病院、精神保健福祉センター
精神障害者社会復帰施設
精神障害者小規模作業所
>>将来性があるリハビリ国家資格の作業療法士
>>転職に有利な資格と仕事
>>就職に有利な資格と仕事

リハビリ医療専門職の年収

1年目の年収約400万円

リハビリ医療専門職である理学療法士と作業療法士については、基本的に年収は同じです。病院や施設によっても異なりますが、1年目の年収は約400万円(本校の求人票による平均)となっております。
他の仕事と比べても、1年目の年収としては高いほうではないでしょうか?
このように、リハビリ医療専門職である理学療法士と作業療法士は、収入面からも安心して目指せる仕事です。

主な医療専門職の仕事内容

資格名 仕事内容
医師 病気の治療及び予防を行う専門職
薬剤師 医薬品の調剤、管理及び研究を行う専門職
看護師 診断の補助及び看護を担う専門職
保健師 看護知識及び技術を持ち、地域住民の健康管理を担う専門職
助産師 妊婦への保健指導、育児相談及び分娩時の介助を行う専門職
歯科医師 歯の健康を保つために指導及び治療を行う専門職
視能訓練士 視機能の検査及び訓練を担う専門職
言語聴覚士 言葉の検査及び訓練をして機能回復させる専門職
義肢装具士 義肢及び装具を作製する専門職
救急救命士 救急医療の最前線で応急処置を行う専門職
柔道整復師 東洋医学の接骨治療を行う専門職
歯科技工士 差し歯などの人工歯を作製する専門職
歯科衛生士 歯科医師のサポート及び歯科保健指導を行う専門職
臨床工学技士 科学機器の操作及び管理を行う専門職
臨床検査技師 診療のための検査及びデータ分析を行う専門職
診療放射線技師 放射線診断及び治療を行う専門職

彰栄リハビリテーション専門学校の入学者状況

彰栄リハビリテーション専門学校の入学者状況

リハビリ医療専門職の作業療法士を養成する彰栄リハビリ専門学校は、社会人・大学卒・短大卒の入学者が非常に多く、その中でも、介護福祉士などの国家資格を持った方が数多く入学していることが特長です。
これは、医療の国家資格とダブルライセンスを目指すということもありますが、リハビリ医療専門職である作業療法士の仕事が介護福祉士として培ったノウハウを活かしやすいことが主な理由です。介護福祉士から更なるステップアップをお考えの方には、福祉と医療の架け橋と期待されている作業療法士は、大変魅力的だと思います。介護福祉士としてのノウハウを活かすことができるリハビリ医療専門職の作業療法士を、ぜひ目指してください。

>>在学生情報
>>文系・理系を問わない医療系の資格と仕事
社会人からの入学者
80%圧倒的実績
皆さんに必要なことは1歩踏み出す決断力!
1歩踏み出す決断力!

Shoeiの魅力をピックアップ

直近のオープンキャンパススケジュール

 
TOPへ