就職に有利な資格と仕事

有利な資格があれば仕事に幅が出る

就職に有利な資格があれば仕事に幅が出る

 就職活動を行う上で、資格を持つことは大切なことであり、有利な資格があれば仕事を選ぶ幅も広がります。資格には30以上のジャンルがあり、その数は国家資格が1200種類以上で、民間資格は3000種類以上と言われています。その中で、有利な資格を取得するなら、就職したい業種の業務内容に合っているものが役立つと言えます。たくさんある中から有利なものを選ぶ上で大切なことは、自分に必要であること、その仕事に役立つ資格であることです。

 また、資格を取得することは、就職活動を有利に進めるだけのものではありません。自分のモチベーションを高めるために取得する方もいますし、普段から勉強する癖をつけるために取得を目指す人もいます。そうした目的で取得を目指すこともお勧めです。就職するためだけではなく、今後の社会人としての生活の中で役に立つ資格もたくさんありますので、積極的に取得を目指しましょう。

名称 内容
国家資格 国または国から委託を受ける機関が行うもの。法律に基づき行われるので、難しいものが多い。その分有資格者には、国から地位や職業保障を受けていることになり、社会的信用度が高くなっている。
民間資格 民間の団体や企業が、独自の基準により認定しているもの。直接仕事に結びつくものや国家資格と同等の知識を必要として世間から広く認知されているものもある。しかし、法律により制度が確定したものではないため、認知度や評価の低いものもたくさんある。
公的資格 国家資格と民間資格の中間的なもの。公益法人や民間団体等が行うもので、関係省庁により認定される。国家資格に準じているため、能力を高く評価され就職にも有利となる。

就職に有利な仕事とは?

就職・転職に有利な資格と仕事とは?

 現在景気が回復してきたと言われていますが、企業が以前のように採用者数を増加するとは考えにくく有利ではない状況の中で、就職活動を行う方々は「これから有利な資格は何か」「どんな仕事が有利なのか」と思われていませんか?

 そこで、「就職に有利な資格」「就職に有利な仕事」を必死に探されている方のために、まだまだ人手不足で社会で求められている有利な仕事を紹介します。

 1つ目は、リハビリ専門職の作業療法士です。高齢者及び精神障害者の増加に伴い、ますます需要が拡大しているため就職に有利です。2つ目は、福祉専門職の介護福祉士です。高齢者の増加や、特別養護老人ホーム等の新設に伴い、さらに需要が拡大しているため就職に有利です。3つ目は、医療専門職の看護師です。こちらは以前からの課題となっていますが、まだまだ人手が足りない状況となっているため就職に有利です。よって、作業療法士・介護福祉士・看護師については、検討してみる価値ありです!

>>リハビリテーションとは
>>将来性があるリハビリ国家資格の作業療法士
>>作業療法士とは

就職に有利な資格の仕事内容

就職に有利な資格の仕事内容就職・転職に有利な資格と仕事とは?

 リハビリ専門職の作業療法士の仕事内容は、リハビリ現場において心身に障害を持つ人々が、日常生活や社会生活を再建できるように心身機能の回復を促し、身の回りのことを主体的に対処できるようにサポートしていくことです。具体的には、患者さんの身体的活動・精神的活動・社会的活動・創作活動を通じて、社会復帰に向けた訓練や指導を重ねていきます。

 福祉専門職の介護福祉士の仕事内容は、高齢者や障害者の方の身体介護、生活援助、相談・助言及び社会活動支援等です。身体介護では、食事・排泄・衣服の着脱・入浴の介助等を行います。生活援助では、食事作り・洗濯・掃除・買い物等の家事全般を行います。相談・助言では、家族からの介護に関する相談にのったり・助言を行います。社会活動支援では、 近隣住民とよい対人関係が築けるように支援を行います。

 医療専門職の看護師の仕事内容は、医師の診断・治療のための補助的役割及び患者さんとその家族への対応が中心となり、具体的には問診・点滴・注射・各種検査・与薬等を行います。

>>作業療法士の仕事内容
>>理学療法士と作業療法士の違い
>>リハビリ医療専門職の資格と仕事

就職に有利な資格を取得するには

就職に有利な仕事の資格を取得するには

 リハビリ専門職の作業療法士を取得するには、リハビリテーション専門学校に入学し必要な単位を修得のうえ卒業しなければなりません。その後、作業療法士国家試験を受験し合格すれば、リハビリ専門職の作業療法士が取得できます。

 福祉専門職の介護福祉士を取得するには、介護福祉士専門学校に入学し必要な単位を修得のうえ卒業しなければなりません。その後、介護福祉士国家試験を受験し合格すれば、福祉専門職の介護福祉士が取得できます。

 医療専門職の看護師を取得するには、看護師専門学校に入学し必要な単位を修得のうえ卒業しなければなりません。その後、看護師国家試験を受験し合格すれば、医療専門職の看護師が取得できます。

>>作業療法士になるには
>>文系・理系を問わない医療系の資格と仕事

生涯働ける仕事・生涯年収も大事なポイント!

作業療法士1年目の年収約400万円

 みなさんは、どのような基準で就職活動することが有利だと考えていますか?今の時代、就職をしようと思えば有利・不利関係なくどこかにはできるかもしれません。しかし、その中にはブラック企業や10年後には消滅すると言われている企業もたくさんあります。このような企業に就職したら、有利どころか人生設計が狂ってしまいます。そのような事にならないためには、将来的にも有利で安心な企業に就職する必要があります。すなわち、将来的にも有利で生涯働ける仕事を選ばなければならないということです。将来的にも有利で生涯働けるものとして、リハビリ専門職の作業療法士があります。作業療法士は、発達障害の子どもから老年期障害の高齢者まで幅広くリハビリを行っていくため、将来的にも有利なうえ安心であるとともに、現在はまだまだ人手不足で困っている現場が多いことから、完全な売り手市場のため有利となります。絶対にチャレンジしてみる価値ありです!

 もう1つ大事なポイントは、定年までの生涯年収を考えて就職先を選んでいるかということです。みなさんは1年目の年収を、どれくらいで考えていますか?ブラック企業や10年後には消滅すると言われる企業に就職した場合、リストラや倒産の可能性が高くなり有利どころか年収が減少するのは間違いないでしょう。そうなると、同年代と比較した場合に定年までの生涯年収が大幅に変わってきます!作業療法士の1年目の平均年収は約400万円で、年収としては高いほうだと思いますし、定年までの生涯年収を考えても魅力的で就職するにはいい仕事であると言えます。

作業療法士資格の主な就職先
【急性期病院】

【社会人から急性期病院に就職した本校卒業生のAさん】

作業療法士資格の主な就職先
【回復期病院】

【社会人から回復期病院に就職した本校卒業生のBさん】

作業療法士資格の主な就職先
【維持期施設】

【社会人から介護老人保健施設に就職した本校卒業生のCさん】

皆さんに必要なことは1歩踏み出す決断力!
1歩踏み出す決断力!

直近のオープンキャンパススケジュール

 
TOPへ