夜間部の魅力

まだまだ厳しい社会状況だからこそ、これからは夜間部入学の時代です!

まだまだ厳しい社会状況だからこそ、これからは夜間部の時代です!

夜間部を選ぶ5つの魅力①
昼間部と全く同じカリキュラムと総学費だから、夜間部に入学しても安心です!

働きながら、夜間部で作業療法士を目指しませんか

他の作業療法士専門学校では、必ず昼間部と夜間部のカリキュラム(総単位数)が異なります。すなわち、夜間部のほうが昼間部に比べて授業科目数が少ないのです。そうなると、同じ作業療法士専門学校に入学して、同じリハビリのプロ作業療法士を目指すのに入学する学科の違い(昼間部か夜間部か)で、昼間部より知識や技術が劣って作業療法士専門学校を卒業することになります。
しかし、彰栄リハビリ専門学校では同等の教育を行う方針から、昼間部と全く同じカリキュラム(総単位数)を夜間部でも実施してます。だから、夜間部でも安心してリハビリのプロ作業療法士の勉強ができます♪
また、修業年限(3年制か4年制か)が異なる場合も、他の作業療法士専門学校では総学費が昼間部と夜間部とでは違います。しかし、彰栄リハビリ専門学校では全く同じ総学費(400万円)にすることで、年間の支払い金額は昼間部より安くて済みますから、支払いの負担も軽減できます♪
カリキュラム(総単位数)と総学費を昼間部と全く同じにすることで、夜間部でも何も引け目を感じることなく、安心してリハビリのプロ作業療法士を目指すことができます♪

>>昼間部と夜間部の違い
>>社会人・大学卒・短大卒の方が入学する理由
夜間部は勉強と仕事の両立が大変重要なため、勉強の理解度を考えると3年制では非常に困難であり、国家試験に失敗する可能性が高いです。間違いなく国家試験に合格するために、Shoeiの夜間部では4年制での教育を行っています!

夜間部を選ぶ5つの魅力②
現在の資金が少なくても、夜間部なら大丈夫です!

負担の少ない学費

彰栄リハビリ専門学校は、卒業までに必要な総学費が400万円と、他の作業療法士専門学校に比べて200万円以上安くしているのが特長です。他の作業療法士専門学校より、これだけ負担が少ない総学費なら、安心してリハビリのプロ作業療法士を目指せるのではないでしょうか?

現在の資金が少なくても新しい人生のスタートを切ることができます

また、社会状況が厳しい中で、両親に学費の負担をかけず自分の働いた収入で学費を払いたい方は、年々増えております。
通常学費の支払いは、他の作業療法士専門学校では1年間分を2回払いとしているため、実際に毎月の収入で支払うことが不可能となります。そこで、彰栄リハビリ専門学校の夜間部では、「学費の月払い制度」を取り入れています。
1年間分を合計10回払いにすることで負担を分散でき、毎月の支払いは9万円台で済みます。
彰栄リハビリ専門学校だからこそできる制度であり、これなら安心してリハビリのプロ作業療法士を目指せます。

学費の月払い制度

【 1年次以降 後期分】
487,500円

10/1 11/1 12/1 1/1 2/1
97,500円 97,500円 97,500円 97,500円 97,500円

【 2年次以降 前期分】
487,500円+12,000円(後援会費)

4/1 5/1 6/1 7/1 8/1
109,500円 97,500円 97,500円 97,500円 97,500円

この制度は、夜間部入学者が必要手続きを終了後、利用することができます。
>>学費の支払方法

夜間部を選ぶ5つの魅力③
貯金ができる夜間部こそ、絶対にメリットがあります!

【夜間部なら学費を払っても貯金ができる!】

時期 支払う学費 アルバイト
収入
貯金額
1年生 1,075,000円 1,680,000円 605,000円
2年生 975,000円 1,680,000円 705,000円
3年生 975,000円 1,680,000円 705,000円
4年生 975,000円 420,000円 ▲555,000円
合計 4,000,000円 5,460,000円 1,460,000円
※アルバイト収入例(時給1,000円×7時間勤務×月20日間勤務×12か月)
※4年生については、長期臨床実習・国家試験対策授業実施のため、アルバイトができる期間が6月までとなります。
貯金ができる夜間部こそ
絶対にメリットがあります!
夜間部毎月の収入と支出のイメージ

夜間部を選ぶ5つの魅力④
リハビリのプロ作業療法士助手のアルバイトを紹介しています!

作業療法士助手のアルバイトをご紹介しています

夜間部の学生には、彰栄リハビリ専門学校と深く交流を持って頂いている医療・福祉施設での作業療法士助手のアルバイトを紹介しています。
毎月の学費分を稼げるだけの収入があり、リハビリのプロ作業療法士の仕事現場に肌で触れることができるとともに、彰栄リハビリ専門学校の作業療法士の授業との両立にご理解頂けているといったメリットがあります。
このメリットを活かしながら、リハビリのプロ作業療法士を目指しませんか!

アルバイト先は、入試で合格が
決定しだい紹介しますので、
入学前から働くことができます!
私の毎日はこんな感じです!夜間部在学生の1日

夜間部を選ぶ5つの魅力⑤
アクセスが便利だから、仕事を続けながら夜間部に通学が可能です!

彰栄リハビリ専門学校は池袋からほど近く、JR埼京線板橋駅から徒歩5分、都営三田線新板橋駅から徒歩3分、東武東上線下板橋駅から徒歩3分と非常に便利な場所に彰栄リハビリ専門学校を構えております。
授業開始は18:10ですので、17:00~17:30にお仕事が終了される社会人の方であれば問題なく通学可能なケースが多く、現在の夜間部学生にも仕事を続けながら通学している社会人の方々が多数います。
各駅から彰栄リハビリ専門学校までは、すべて大通りで明るいため、女性の社会人の方も安心してリハビリのプロ作業療法士を目指せます!

埼京線・都営三田線・東武東上線から徒歩3分〜5分

夜間部に入学してやっぱり良かった!学生インタビュー
 
皆さんに必要なことは1歩踏み出す決断力!
1歩踏み出す決断力!

直近のオープンキャンパススケジュール

 
TOPへ